vol.43

トップニュース

東日本大震災の被災者の方々へ、心よりお見舞いを申し上げます

日本史上稀に見る大災害となった東日本大震災。マグニチュード9.0という巨大地震と、大きな津波が被災地をあっという間に呑み込み、多くの方々が犠牲になり、また、今なお厳しい避難生活を強いられています。

地震と津波の影響で福島第一原子力発電所では重大事故が発生し、都内で暮らす私たちですら放出され続ける放射能に不安な日々を送っています。放射能が環境に及ぼす影響は甚大です。地震による大丸建設およびお客様で直接大きな被害に遭った方はおりませんでした。しかし、親戚や知人などを含めると皆さまの心痛はいかばかりかと思います。心よりお見舞いを申し上げます。

大丸建設では今回、「自然素材で自然循環してゆく」暮らしの大切さを改めて感じました。どれだけ科学技術が発展しても、自然の驚異には勝てない。だからこそ、自然と仲良く、共存していくような生き方、暮らし方をしていかなければならない、と。

家づくりも、ものづくりも、そしてエネルギーも、自然と共存し、尊重しながら生きてゆく、「未来の人が日本をどう扱っていくのか?」を問う、今がその転換点なのだと思います。 大丸建設では、今後も自然素材の家づくりを通して、自然とともにある暮らしを提案していきます。

なんでも情報局

今こそ落ち着いて見直そう 我が家の防災グッズ

東日本大震災以降、首都圏ではガソリンや水不足に陥り、ちょっとしたパニック状態でした。いざという時慌てないよう、我が家の防災グッズをもう一度見直してみましょう。

<枕元に置いておきたいもの>
眼鏡(コンタクトレンズ)、スリッパ、家や車の鍵、お金(小銭と小額紙幣)、免許証、キャッシュカード。
……通勤通学時に必要なものを枕元に置いておく、というイメージです。

<常に持ち歩きたいもの>
小さなホイッスル、ペンライト、10円玉、100円玉(公衆電話用)、家族やペットの写真、チョコレート、ストール <被災直後に役立つもの> 救急セット、常備薬、レジャーシート、新聞紙、ガムテープ、マジックテープ、携帯電話の充電器、乾電池、懐中電灯、軍手、水