vol.63

トップニュース

大丸の耐震リフォームについて

大丸の得意とするリフォームの一つに「耐震リフォーム」があります。東日本大震災以降、「今の家にこのまま住み続けて大丈夫なのか」という意識が高まり、耐震リフォームの重要性が増えています。

耐震リフォームで効果的なのは、建物の重量バランスをとること。例えば、瓦屋根は重いため、その分、柱や梁もしっかりと頑丈にしなければなりません。

屋根を金属板などに葺き替え、軽くすることで階下の耐力を少なくすることができ、費用対効果の高いリフォームと言えます。

耐震補強には耐力壁の強化も大切です。筋交いを入れる、金物で補強する、構造用合板を入れるのが常道です。ただし、普段暮らしている部屋の壁に新しくボードを入れると部屋がパッチワークのようになり、違和感が残ります。

そこで、我々がよく手を入れるのが「押入」。押入は外から見えないのと、元々ボードが入っていることが多いので、施工しやすいのです。お客様にとっては押入の片付けも兼ね、一石二鳥です。

その他、基礎コンクリートにクラックが入っていたら基礎補強をしますが、大がかりな工事になるので内装も含めたリフォームをお勧めします。

土台が腐ってしまった場合も同様です。大丸建設では耐震のみではなく、内装や設備更新などと組み合わせた効果的なリフォームを提案いたします。ぜひお気軽にご相談ください。

なんでも情報局

残暑を乗り切る強い味方「ハッカ油」活用法!!

暦の上では秋とはいえ、まだ残暑厳しい折、蒸し暑さに湿ったシャツ…気持ち悪いですよね。そんなときの強い味方が「ハッカ油」です。

ハッカは「薄荷」とも書き、日本では北海道が名産地でした。今はほぼ海外産のペパーミントを蒸留したものが主です。スーッとした清涼感で火照ったカラダをクールダウンしてくれます。

市販されている様々な涼感材に含まれるハッカ。でも、純ハッカ油の効果たるや、すごいものです。直接皮膚に塗布すると刺激が強いので、必ず水か無水エタノールで薄めてお使いください。

  • オイルをハンカチに垂らして、においをかげばリフレッシュ!
  • 薄めたオイルを首や腕などにシュッとスプレー!
  • お風呂に数滴オイルを垂らすと風呂上りもさっぱり!
  • 薄めたオイルを使ってお掃除。すっきりさわやか!