2012年11月

vol.52

トップニュース

大丸建設が根ざす多摩地域の歴史

大丸建設が立地しているのは東京都稲城市大丸。西は高尾山、南は横浜市域にまたがる多摩丘陵の中央に位置し、大まかには東京都の西半分のうち稲城市、調布市、多摩市、府中市、狛江市、町田市、川崎市などをメインエリアとして事業を営んでいます。多摩川と多摩丘陵が育む豊かな自然環境に囲まれ、東京都内でも屈指の緑化エリアでもあります。

歴史的には武蔵国に属する多摩郡(おおよそ東京都の西半分)に位置し、府中市にある総社大國魂神社に国府が置かれていました。江戸時代には多摩郡の多くが幕府の直轄領(天領)となり、農民の間で剣術などの武術が盛んになりました。多摩のヒーローと言えば何と言っても新撰組の近藤勇、土方歳三です。現在の東京都調布市にあたる上石原村出身の近藤、日野市石田生まれの土方にまつわる史跡も多く、大丸建設の安田兄弟も幼い頃から歴史に親しんできました。

総社大國魂神社は1900年の歴史があります。源義家がケヤキの苗1000本を寄進し、これが現在國の天然記念物に指定されている馬場大門のケヤキ並木の起源になっています。また、源頼朝が妻・北条政子の安産を祈願したとも伝わり、古くからの隆盛が伺い知れます。

明治初期創業の大丸建設は約140年の歴史があります。多摩の歴史とともに未来に次世代に、日本のよき家づくりをつないでいきたいと思います。

なんでも情報局

冷え防止にこんにゃく湿布

朝晩だいぶ冷え込むようになり、冷えや風邪が心配な季節になってきましたね。冷たい空気にあたったり、カラダが冷えたら、台所にある身近な食材を使ったセルフケアはいかがでしょうか。こんにゃく湿布は内臓から温め全身の冷えをとる自然療法です。

こんにゃくをお湯で10分間茹で、フェイスタオル何枚かでくるんで、内臓の気になる部分にあてます。こんにゃくは1時間以上温かさが続くので、温湿布としてもすぐれています。排毒の作用もあると言われています。

使ったこんにゃくは冷蔵庫で保存すれば繰り返し使えます。なお、使用後は食用にはしないよう気をつけてください。

2012年09月

vol.51

トップニュース

大丸の家にはどんな建材を使っているの?

大丸建設の住まいと言えば、「自然素材」「無垢材」の安心・安全な木の家です。有害化学物質を含んだ「新建材」ではなく、自然の素材を加工した安全な建材をチェックして利用、お客様のニーズに合わせた住まいづくりをしています。窓枠や設備など、一部建材を使用する箇所もありますが、すべて製品の安全データを取得しています。

基礎には鉄筋コンクリート、基礎と土台を緊結するアンカーボルト、屋根の防水シートであるルーフィング材、屋根には瓦かガルバリウム鋼板を使います。壁の筋交いにはボルトを入れ、その後、窓枠にはアルミのペアガラスを標準しています。防水の透湿シートと、防水テープを窓枠の外側につけて、壁には断熱材(ウールが標準で、時にセルロースファイバーを使うこともあります)、防水透湿シート、室内側には下地材のプラスターボード、そして内壁材として漆喰や珪藻土などを使います。外壁の下地はラス網(金属網)にモルタルをからませ、火山灰シラスの仕上げ材を使います。あとは建具の和紙や、玄関のたたきに使う石や玉砂利です。

そのほかは、ほとんど、杉か檜の無垢材で造作し、浴室周りにヒバを使うくらいです(浴室や電気など設備は異なりますが)。いかに大丸建設の住まいがシンプルにできているかおわかりいただけたでしょうか。

安全・安心・そして顔が見える家作りを、大丸建設ではこれからも大切にしていきます。

なんでも情報局

防災グッズの意外な収納法

毎年9月は防災を意識する月間です。我が家の防災グッズ、見直しや、補充はできていますか? いかに防災の備品が長持ちするとは言え、年に一度は見直しをして、試食や使い方を試すなどして、いざという時に慌てないようにしてみましょう。

防災グッズは、リュックや防災袋などに入れるご家庭がほとんどだと思います。でも、小さなお子さんや足腰が不自由なご高齢者を抱えた家で、いざという時に人をおぶったり抱いたりして、重い防災グッズを持って移動するのはとても大変。そんな時の強い味方が、釣具店に打っているジャケットです。細々とした釣りの道具を入れるポケットや大きめのジッパーがついていて、かなりのボリュームのモノが入れられます。そして逃げる時にはジャケットを羽織れば重さが分散して、小さな子どもを抱えても動くことができます。 

災害時のシミュレーションのなかで、いざという時でも動けるよう、実際に荷物を持ったりしながら、実感してみることが重要です。

2012年07月

vol.50

トップニュース

50号記念!大丸ニュースを振り返る

大丸ニュースがスタートしたのは2004年5月のこと。チルチンびと「地域主義工務店」の会に入会し、工務店も発信しなければ、と感じたことが大きなきっかけでした。企画・広報担当の大丸建設常務・安田博昭が発行責任者として、偶数月に必ずお客様に発送しています。

本来、メカ好きでパソコンを使いこなす常務があえて手書き文字にこだわっているのは、大丸建設らしい人間くささ、温もりをそのまま伝えたいから。心をこめて手紙をしたため、人から人に手渡していく。住まいもそのようにつくっていく。そんな思いを込めています。大丸ニュースのイラストを担当しているのは常務の妻で、大丸ニュースの誕生は常務の長女の誕生と時を同じくしています。家族的で、代々の伝統を大切している、大丸建設らしさとも言えます。

大丸ニュースの今昔を振り返ると、スタート当初はチルチンびとで「有害化学物質ゼロ」を強く推していたことがうかがえる内容になっています。また、大丸建設は明治初期創業という歴史ある工務店なので、「匠の技」を伝える内容も多いです。それから毎年1月にお送りする号では新年のご挨拶も兼ね、必ず、「世代を超えて受け継ぐ大切なこと」と、スタッフ全員の「今年の抱負」を、初心に返りお伝えしています。

毎回変わるスタッフコメントも見どころ。最初は一言書くのも苦労していましたが、最近では書くスペースが足りないとばかりに饒舌に語ります。お客様との共通の趣味なども見つかり、コミュニケーションにも一役買っているようです。

今後も、100号、200号と、お届けしていくことになる大丸ニュース。末永くよろしくお願いします。

なんでも情報局

夏はローフード!酵素を食生活に取り込もう。

最近、ローフードという言葉を耳にしたことはありませんか?ロー(RAW)とは「生」という意味で、野菜やフルーツを加熱せずに摂取する食べ方のことです。ローフードのキーワードは「酵素」。食べ物の消化や細胞分裂に必要不可欠な存在で、加熱すると失われます。

最も手っ取り早く酵素を摂取するには、生のフルーツをジューサーで搾って飲む方法。朝一番に飲むと胃腸が活性化してカラダがシャッキリ目覚めるという声もあります。生野菜や生フルーツはカラダをクールダウンする効果もあるので、特に夏に知っておきたい食べ方です。

2012年05月

vol.49

トップニュース

大丸だからできるエコリフォーム

大丸建設では、国産の無垢材と自然素材を使った新築住宅の建設と、エコリフォームを承っています。リフォームは手を加える程度や金額によって様々です。

  • 建物の構造を残して内装も間取りも新築に近い状態までかえるフルリフォーム
  • 床を無垢材のフローリングに張り替えたり、壁のビニルクロスに漆喰を塗るなどの内装リフォーム
  • 窓をペアガラスに変更する、給湯器などを高効率に設備更新するリフォーム
  • お風呂やトイレなどの水廻りリフォーム
  • 蛇口やカーテンレールの付け替えなど軽微な営繕

ご要望や規模の大小に関わらず、どんなことでも気軽にご相談ください。

最近、エコに関心の高いお客様から、太陽光発電システムの新規搭載や、エコキュートなどの高効率給湯器のへの設備更新、開口部の断熱性能を高めるための窓リフォームなどのご相談を受けることが増えています。地球温暖化対策のため、国も補助制度などを設けて応援しているエコリフォーム、大丸建設の場合はさらに、自然素材の持つ天然の吸放湿性を生かした素材の組み合わせや、太陽の恵み、風の流れを生かす開口部のプランニング、化学物質に対する配慮など、「家そのものをエコにする」リフォームが可能です。

自然に即した住まいを、自然素材でつくる大丸建設のエコリフォーム、HPでもご紹介しています。ぜひご覧下さい。

なんでも情報局

地域発・新聞紙エコバッグ

箱をつくってみかんの皮やゴミを入れたり、八百屋さんで野菜をくるんだり……何かと便利な新聞紙。いま、新聞紙を用いたエコバッグが世界的に注目されています。四国の四万十川流域の町おこしとして、九州の環境首都・水俣で、各地で広がりを見せ、「名産品」にまでなっている地域もあるとか。

地方新聞の地域特性豊かな記事や、地方の美しい写真、時には英字新聞などを使い、折り紙方式で折られるエコバッグは、強度も十分でデザイン性も高くできています。持ち手まで新聞紙!企業のカッコいい広告や、新聞の写真投稿欄など、見せる部分を工夫すれば、とてもオシャレでオリジナリティあふれるエコバッグがつくれます。

インターネットなどでも作り方が公開されているので、ご興味のある方は「新聞紙 エコバッグ」などと検索してみてくださいね。

2012年03月

vol.48

トップニュース

東日本大震災から1年。ライフスタイルを見直そう。

2011年3月11日14時46分。私たち日本人にとって忘れられない時が刻まれました。

東北地方の美しい漁村、沿岸の風景は、一瞬にして大津波に飲み込まれました。テレビで時々刻々と報道される福島第一原発の危機的状況と、爆発の映像は、私たちに衝撃を与えました。あとに残った瓦礫の山の風景。放射能汚染への不安や失望。家族や近隣の大切な方を亡くした人々の悲しみ……

そんな中でも、人々を思いやり、助け合いながら生きる日本人の強さや美しさ、希望を失わずに故郷を再生しようと強い意志で立ち向かう人々や、被災地支援の輪、「絆」という言葉を再認識しました。震災から一年。私たちは震災を忘れず、風化させず、そこから何を築いてゆくのでしょうか。

あまりにも便利で豊かになりすぎた私たちのライフスタイル。いま一度見つめ直すと、私たちの生活に本当に大切なのは、高価な設備や家具よりも、家族が安心して過ごせるきれいな空気と、家族の絆が感じられるような安らぎの空間なのかもしれません。

大丸建設の基本は、多分、これまでもこれからも変わりません。日本の気を使い、日本の自然素材を使い、日本の住宅で伝統的に培いつないできた技を用い、地域の大工や職人さんたちと手を携え、地域に暮らすお客様たちの生活を支え続けていくこと。効率や利益ばかりを追求せずに、地道に着実に、そして誠心誠意で、お客様の命と宝をお守りできる、堅牢で安全な家をつくることが、私たちの使命です。

私たち日本人の、新しい節目、3月11日。この日に、誠のある家づくりをもう一度誓います。

2012年3月 大丸建設

なんでも情報局

大ブーム!塩麹をつくってみませんか?

最近、テレビや雑誌で大流行している塩麹。塩と米麹と水を混ぜて約1週間発酵させた調味料で、家庭で簡単につくれることから、主婦層に大人気です。スーパーなどで市販品も出ていますね。

大根や葉物を塩麹で和えるだけで簡単な漬物ができたり、根菜の煮物をつくる時に加えるだけでふっくらやわらかく煮上がり、醤油や油と混ぜてドレッシングや万能ダレをつくるなど、用途も様々。ご家庭の冷蔵庫に準備しておきたいですね。

市販品もお手軽ですが、できれば麹から手づくりするほうが、量もたくさんつくれてお得です。麹はインターネットでも入手可能で、甘酒もつくれるので、ぜに手に入れてみてくださいね。麹200g、塩60g、水300ccを混ぜて一週間寝かせるだけ。ぜひお試しを!

2012年01月

vol.47

トップニュース

2012年、謹賀新年 希望の一年を迎えるにあたって

皆様、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は日本全体が喪に服するような、とても大きな一年でした。東日本大震災と大津波、そして原発事故。東京も大いに揺れ、計画停電や節電、放射能汚染に不安な思いを抱いた方もいらっしゃると思います。

また、被災地で苦難な生活を送られている方に心からお見舞いを申し上げます。私たち一人ひとりが、生き方や暮らしを見直す転換期が、昨年だったと言えます。

今年は、少しでも明るい年にしたい。前を向いて、一歩一歩、歩を進めていけるよう、私たち大丸建設も誠心誠意、住まいづくりに励んで参ります。

大丸建設が年始にお話しすること、毎年変わりません。古く新しい家づくり。140年前に天才宮大工と謳われた初代が始めた木造建築。日本に古くから伝わる伝統構法を受け継ぎ、日本の気候風土で育った紀州産の杉檜を用いた住まいづくりを、これからも脈々と続けて参ります。

そして、「住まいは建ててからが本当のおつきあいの始まり」……。お客様の住まいの御用聞きとして、いつ何時でも、お世話をさせていただきます。いまだからこそ、地道に、着実に生きることの大切さを感じています。今年も「多摩に根ざして140年」の大丸建設を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2012年元旦 大丸建設 安田昭

なんでも情報局

日本の暦を生活に取り入れよう

ここ数年、和の暦、陰暦、農事暦、月の暦などがブームです。私たちはいま、太陽暦をもとにカレンダーで生活していますが、日本の暦は月の満ち欠けを基準に暦を組み立てていました。

太陽の位置によって1年を24にわける二十四節気は、立春、雨水、啓蟄、春分、清明、穀雨、立夏、小満、芒種、夏至、小暑、大暑、立秋、処暑、白露、秋分、寒露、霜降、立冬、小雪、大雪、冬至、小寒、大寒と、季節の移り変わりを知るよい指標になります。

また、二十四節気に三候を加えた七十二候は、例えばいまの季節でしたら「雪わたりて麦のびる」「芹すなわち栄う」など、季節感あふれる美しい言葉を奏でます。和の暦を知り、日々の生活を慈しむこと、今年は始めてみませんか?