2014年01月

vol.59

トップニュース

謹賀新年 2014年も環境に配慮した住まいづくりを行って参ります。

大丸ニュースの読者の皆さん、明けましておめでとうございます。2013年を振り返ると、猛暑や竜巻、フィリピンを襲った巨大な台風など、気候変動の猛威を感じずにはいられませんでした。いかにこれらの異常気象から身を守るか、私たちの暮らし方、住まい方が問われているのではないかと思います。

大丸建設では創業以来、匠の技を駆使し、国産材、自然素材に特化した住まいづくりを行っています。高度経済成長に一時、新建材を使ったこともありました。しかし、10年前に地域密着の原点に回帰し、
持続可能な住まいづくりにもう一度舵を切り直しました。それ以来、環境に配慮した住まいを精魂込めてつくっております。

住宅需要の厳しい昨今、できる限り低エネルギーで暮らすには、その土地の気候風土に合った自然素材を使い、四季の変化に対応する間取りや通風・採光プランを採用することです。私たちは建築業界の仲間と共に、省エネの関する最先端の知見も学んでいます。

本年も大丸建設ではたゆまぬ努力を続けて参ります。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

なんでも情報局

旧暦に親しもう!

新しい年を迎え、カレンダーや手帳を新調した方も多いのではないでしょうか。近年は祝日や六曜だけでなく、月の満ち欠けや旧暦の二十四節気、七十二候が記されているものも増えてきています。

日本は江戸時代までは月の満ち欠けで暦が読まれてきました(太陰暦)。今、この旧暦や月の暦に注目が集まっています。

四季のリズムに添った美しい日本の季節が表現され、七十二候を読むだけでも、新春の凛とした空気や、春先に水温み、土中で虫が蠢く様子、梅雨の始まり、農作単の台風への備えなどが見てとれます。

家庭菜園などに親しむ人が増えていますが、七十二候を知ると作付の指標にもなるため、農事暦として親しんでいる人もいるようです。

2013年11月

vol.58

トップニュース

大丸のリフォームのおすすめ

いま、住宅は新築偏重の時代から、ストック住宅の市場に注目が移ってきています。大量に住まいをつくり、壊し、ゴミを出すスクラップ&ビルドではなく、長寿命の住まいをつくり中古住宅の価値を高く認めてもらい、使い継ぐような産業が求められています。

大丸建設でも住まいのリフォームを手がけています。エコリフォームや耐震リフォームなど助成金が充実しているものもあるので、ぜひ検討してみてください。

【大規模フルリフォーム】
建物の基礎と構造のみを残し、間取りや内装、設備などはすべて新しくする、新築並みのリフォーム

【水廻りリフォーム】
風呂、洗面所、トイレ、キッチンなど水回りの設備機器の交換

【内装リフォーム】
壁のビニールクロスを漆喰にする、床を無垢材に張り替える、子どもの成長に合わせ部屋に仕切りを入れて個室を増やす(あるいは間仕切りを取り広いワンルームにする)など

【エコリフォーム】
窓をシングルガラスのアルミサッシから断熱サッシに替える(ペアガラスなど)、断熱材を強化する、高効率給湯器への買い替え、太陽光発電や家庭用燃料電池、蓄電池の導入など

【耐震リフォーム】
耐震基準に合致するよう筋交いや壁量を増やすなど

【営繕】
畳の貼り替え、雨樋の詰まりの改善、戸車の交換、カギの交換など

なんでも情報局

くつしたの重ねばき

2年ほど前から女性たちの間で流行している「くつしたの重ねばき」。私たち人間のカラダは、頭と足先で体温が5度ほど違う(足の方が冷えている)のですが、この冷えによってカラダの血液の巡りが悪くなり、肩こり、冷え性など体調不良の原因になると言われています。

冷えの改善には、湯たんぽや足湯などが効果的とされていますが、くつしたを重ねばきすることで常に足湯常態をつくることになり、カラダの上下で体温の差を軽減することができます。

肌にふれる最初のくつしたは絹の5本指ソックス、次にコットンの5本指ソックスを重ね、次は絹の先丸ソックス、次にコットンの先丸ソックスと、最低4足、多いと10足以上重ねばきする人も……。この絹+綿+絹+綿という順番がポイントです。

大手の衣料品ブランドも出している重ねばきソックス。気になったら試してみてくださいね。

2013年09月

vol.57

トップニュース

ゲリラ豪雨と雨漏り

今年は暑い夏でした。高知県では国内最高気温を更新し41.0℃、都内でもゲリラ雷雨による冠水などが起こり、気候変動の猛威を感じる日々でした。

もしかしたら、日本の住まい自体も今後、風雨への備え方が変わってくるかもしれません。建築の常識では、屋根に勾配を設ければ、基本的に雨は屋根に留まらず下に流れると考えられていました。ところが、近年では豪雨と強風がセットになり、雨が屋根に叩き付けられ、かつ強風が吹き付けることで雨が下に流れず屋根面に留まることになります。その上からまた雨が次から次へと降ってきて、雨が屋根に滞在する時間が長くなり、屋根の隙間(継ぎ目)を探してそこから屋内に潜り込み、それが雨漏りの原因になってしまうと考えられます。

また、横風が強いので、雨が壁面に叩き付け、風で壁面にとどまり、壁からの雨漏りも増えています。雨漏りは「ポタポタ」程度であれば、天候が晴れ乾いてしまえば問題ありませんが、雨漏りは住まいのQOLを損ない、住まい手も不安になってしまいます。

また、天井や壁の中が雨漏りでカビると住まいの劣化の原因になるので、雨漏りが見つかったら必ずご連絡をください。

なんでも情報局

ドライフードのオイル漬け

この夏、これだけ暑く日差しが強いので、せっかくの太陽エネルギーは利活用したいもの。太陽光は発電だけではありません。料理に太陽の光と熱を使う技をご紹介します。

よく晴れて乾燥した日には、ざるの上にきのこや種をとったトマト、ゴーヤ、ピーマンやパプリカなどを並べて、ドライフードをつくってはいかがでしょうか。日本風に言えば「乾物」です。冬ならば大根や人参など、昔ながらの切り干し大根の材料がつくれます。

夏のドライフード、特にトマトは、塩やハーブを混ぜたオリーブオイルに漬けるのがおすすめ。密閉すれば半年間保存できます。ドライフードは半調理品なので、日常のお料理も簡単になります。

夏の日差しが残っているうちに、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

2013年07月

vol.56

トップニュース

自然素材のシロアリ対策

湿度とともに温度も上昇中の昨今、皆さんいかがお過ごしですか。梅雨から夏にかけてのこの時期、混合はシロアリ対策の特集です。普段の生活のなかで、みなさんがシロアリを気にする機会はあまりないかもしれませんが、木造住宅の建築に関わっていると、シロアリ対策はとても重要な項目の一つです。

シロアリは「サイレントキラー」とも呼ばれ、人知れず住まいの礎とも言える土台や柱を食べてしまいます。近い将来大地震が来ると言われている首都圏で、シロアリ対策は必須です。シロアリは基礎を伝って床下に侵入します。床下は湿気がたまりやすく、シロアリの絶好の住処。

逆に、シロアリは光と風に弱いので、基礎パッキンで床下の通風を確保して、土台自体の乾燥状態を保つことで、シロアリを防ぐことができます。

また、シロアリがあまり好みでない檜を土台に、ヒバを風呂場などの水回りに使う「適材適所」も大切です。こうしたシロアリに強い住まいの構造は、綿密に敷地状況を調査して設計時からプランに組み込みます。

シロアリは基礎の回りに蟻道というトンネルをつくり床下に侵入します。万が一、シロアリ被害の心配がある場合は、大丸建設にご連絡ください。自然素材の防蟻工事などで対応いたします。

なんでも情報局

暑い夏を梅酢で乗り切ろう!

今年も猛暑になるそうですが、冷房だけではなく食べ物で体を調整して、暑い夏を乗り切りたいですね。味方につけたい夏の調味料が「梅酢」。

梅干しを漬けた時にあがってくる液体で、梅の酸と食塩、赤紫蘇の美しい色合いが見た目にも元気をくれます。しかも、すごーく酸っぱくてしょっぱい!きゅうりの酢の物に、お酢ではなく梅酢+水+醤油や、炒め物にも梅酢を入れると味がキリリと引き締まり、梅の酸味で元気が出ます。

また、梅酢とフルーツ、牛乳か豆乳を混ぜてミキサーにかけると、ヨーグルト風味の即席ラッシーのできあがり。

梅干しに含まれるクエン酸や塩分の補給にもなるので、夏バテ防止に梅酢ドリンク、いかがですか?

2013年05月

vol.55

トップニュース

大丸建設の情報を発信しているメディア

大丸建設が自分たちで伝えたいことを発信している媒体を「メディア」ととらえると、私たちは幾つかのメディアを持っていることになります。今月号では、それをお伝えしたいと思います。

<大丸ニュース>
季節やホットトピック、私たちの思いを伝える「TOPニュース」や、建築用語をイラスト付きで解説した「建築まめちしき」、暮らしにまつわるうんちくやレシピの「なんでも情報局」、そして皆さんに大好評の「スタッフコメント」。

<大丸建設ホームページ>
大丸の家づくりの理念、こだわりの構法や素材、家づくりの流れやQ&A、作品ギャラリー、リフォームについて。スタッフブログは、専務の安田佳正による「一級建築士のつぶやき」、常務の安田博昭による「ひとりごと~快適な住まいをつくる」、当社設計スタッフ田上純子による「設計・施工ブログ」の3つがあり、それぞれの持ち味で発信しています。

大丸建設Facebookページ
弊社ホームページやスタッフブログなどの最新情報をアクティブに発信、お客様との双方向コミュニケーションツールです。

匠の会
朝日新聞広告局の協力のもと厳しい審査によって選ばれた首都圏の優良工務店が組織する工務店ネットワーク。地域密着型で、匠の技に優れた棟梁・職人を擁する住まい造りのプロ集団。朝日新聞の大きな広告での発信はインパクトも大きいです。

チルチンびと
日本の木造住宅と自然に寄り添うライフスタイルを提案する雑誌『チルチンびと』。大丸建設は工務店の会の立ち上げメンバーとして、雑誌の中で様々な発信をしてきました。

iku:me(いくみ)
大丸建設や仲間の工務店たちと一緒に出資してつくったウェブマガジン。画面一杯の美しい写真を楽しめます。

このように、幾つかの発信のチャンネルがあることで、私たちの想いや住まいづくりの理念を、より多面的にご理解いただけるのではないかと思っています。

なんでも情報局

薬効高い野草・スギナ

早春、つくしが顔を出した野原は、新緑のころになると地面にびっしりスギナが群生します。繁殖力が強い未痔織り色のスギナ。ケイ酸を多く含み、利尿作用や循環器系統の強化作用、血圧低下作用、止血作用などがあるとされ、昔から自然療法に用いられてきました。

スギナの煎じ汁は利尿作用があるとされ、スギナのお茶なども市販されています。また、お風呂にスギナを入れて半身浴もよいと言われています。

※あくまでも民間療法での言い伝えですので、効果効能については個人によって異なることをご了承のうえ、個人の責任の範囲でお試しください。また病気や疾病に関してはきちんとした医療機関にご相談ください。

2013年03月

vol.54

トップニュース

いまだから見直したい、木造住宅の耐震構造

東日本大震災からまもなく2年が経とうとしています。東京であの大きな揺れを体験した私たちは、近い将来首都圏直下型地震が起こるという危機感を持ち合わせながらも、大丸建設がこれまで行ってきた、木造在来軸組構法を大切に、より着実に建築していきたいと思っています。

大震災発生の時、大丸建設専務の安田佳正は、大工や職人たちと現場にいました。いままで経験したことのないような揺れに驚いたものの、その時に感じたのは「大丈夫だ。大丸建設の家は強い」という実感でした。確かに、揺れてはいたのです。しかし、強度も太さも十分で、耐震設計に基づいてしっかりと組み上げた大丸建設の木造住宅は、しなやかに地震の揺れを逃し、震災後もOBのお客様からトラブル等の連絡はありませんでした。

とはいえ、経年劣化が心配である、1981年の新耐震基準以前の住宅にお住まいの方で不安をお感じの方は、ぜひ耐震診断をご相談ください。大丸建設は東京都木造住宅耐震診断事務所に登録してあり、実際に地震が起こった際の建築物の被災度区分判定実施事務所でもあります。専務は、稲城市災害防止協会・稲城市消防本部の防災講演会で講師を務めさせていただくなど、耐震診断のスペシャリストでもあります。

耐震診断は天井裏にのぼり床下にもぐるなど、細やかな調査が必要となり意外と大掛かりなのですが、最終的には住まいの状態がしっかりと把握できるので、お客様の安心感にもつながるようです。耐震診断の後は、そのままでよいのか、耐震補強の必要があるのか、また大掛かりなリフォームまでを行うのか、データからしっかりと分析し、ご提案をさせていただきます。

3月10日(日)には、稲城市の地域振興プラザで「我が家の耐震性能、大丈夫?」をテーマに勉強会を開催します。無料ですので、ぜひ気軽にお運びください。

なんでも情報局

残り野菜は生ごみ?いえいえ、ストックすればベジタブルブイヨンに……

毎日毎日野菜を切って、毎日毎日出てくる野菜の皮やへた、節など。これらはたいてい、生ごみとして捨てられます。でも、実は活用法一つで、まほうのストックレシピになるんです。

玉ねぎの根っこが生えているちょっと固い部分。人参のヘタや皮、大根のしっぽの先っぽ、カブの葉っぱの生え際、ネギの青い部分、キャベツの芯、レタスの外側の青い葉っぱ、椎茸の石突き……。これらはすべて、切ったら捨てずにジッパーつきの袋などに入れ、冷凍庫にストックしておきましょう。

ある程度たまったら、これらの野菜に水とローリエと塩を入れ、水が半量になるくらいまでコトコト煮込みます。あとは野菜を裏ごししてスープを取り出せば、美味しいベジタブルブイヨンの出来上がりです。あとはお好みで、お肉と野菜を入れてシチューにしたり、冷凍庫に入れてキューブ状に小分けにしてもいいし、ちょっとあるとベンチなスープストック。

野菜の皮についた泥などはていねいに落とすのが、美味しさの秘訣です。